医学部の予備校については改善の必要性あり

医学部受験の壁

医学部受験の壁医学部受験の難易度は親の経済力による医師の給与問題

医学部の予備校については改善の必要性がありそうです。
というのは、内容やレベルという事の前に学費が異様に高いという問題があるからです。
この為に意思になるという事を諦めるしかないという事で諦めた人は数知れないという事になっています。
医師になるという事を考えた時には、今の時代においてはまず予備校に行くというのがほとんどの人が考えるルートとなっているといって良いでしょう。
理想は高校を現役で卒業してそのまま大学の医学部に入るという事が理想ではありますが、そのような事が出来る人は数限られた超優秀な人だけという事になるはずです。
何しろ高校は単に学問を教えるというだけのところではなく、倫理なども含めて様々な教養を身につける場という事になっていて、今でも部活が義務付けられているようなところも珍しい事ではありませんから、そのような事をしていて一発で大学の医学部に入るというような事が出来る人はほとんどいないという他ありません。
とすれば、予備校に通ってそれから自分の夢を叶えるという事をするしかないというのが現状です。

医学部受験に予備校行くべき? : 医学部予備校